ピンクリボン in SAPPORO ホームページ

ピンクリボン in SAPPORO


ピンクリボン in SAPPORO 最新情報はフェイスブックへ!

facebook banner

【更新情報】

・ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2018〜がんと仕事〜  開催
・ピンクリボンロードご報告
・ピンクリボンinSAPPOROバッジ販売中!

クリックで移動します。

ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2018〜がんと仕事〜  開催


2人に1人が、がんにかかる時代。そのうち4人に1人は65歳未満の働き盛りの方が罹ると言われています。もしあなたががんになったら仕事は?治療費は?家族は?
サバイバーズフォーラムでは、がんを経験した方の就労や雇用問題を患者、医療関係者、企業、行政など、様々な立場から考えてきました。
7回目となる今回は、北海道で活動されているがんサバイバーが、体験談をもとにリレートークを行います。地域特有の課題や対策を探り、がんになっても働き続ける北海道に向けて皆さんと一緒に考えていきたいと思います。是非ご参加ください。

■日時:2018年2月25日(日) 開演14:00〜17:00 開場13:00
■会場:京王プラザホテル札幌 B1 プラザホール (中央区北5条西7丁目)
■参加費:1,500円(軽食とお飲物つき) ※定員150名程度
■申込方法:TOPページ右側の応募フォームよりお申込み下さい。
ワーキングサバイバーズ2018チラシ
チラシをクリックすると拡大します。

T講演「がんと就労 NEXT STEPに向けて」14:00〜14:30


桜井なおみ氏【桜井 なおみ 氏】
一般社団法人CSRプロジェクト理事
NPO法人 HOPEプロジェクト 理事長
キャンサーソリューションズ株式会社 代表取締役社長

東京生まれ。大学で都市計画を学んだ後、卒業後はコンサルティング会社にて、まちづくりや環境学習、各種博覧会の企画などの業務に従事。2004年、30代で乳がん罹患後は、働き盛りで罹患した自らのがん経験や社会経験を活かし、小児、AYA世代を含めたがん患者・家族の支援活動を開始、現在に至る。
一般社団法人CSRプロジェクト代表理事、NPO法人HOPEプロジェクト理事長、キャンサーソリューションズ椛纒\取締役社長。社会福祉士、精神保健福祉士、技術士(建設部門)、産業カウンセラー。元厚生労働省がん対策推進協議会委員、第21回人間力大賞会頭特別賞。著書、論文など多数。

Uリレートーク「がんになっても働き続けるために」 14:30〜15:30

出演
●石渡 小智 氏・・・Luxia(子育て世代の患者会) メンバー
●内山 浩美 氏・・・北海道肺がん患者と家族の会 代表
●名取 大志 氏・・・アヤキタ!(AYA世代の患者会)代表

オブザーバー
桜井 なおみ氏(一般社団法人CSRプロジェクト 理事)
鎌田 正志氏(厚生労働省北海道労働局職業安定課課長補佐)

V情報交換会(90分) 15:30〜17:00

乾杯の様子軽食と飲物付き・立食パーティー形式 

W会場ブース

がん患者団体ブース
スポンサーブース・・・協賛各社

X仕事に関する相談

社会保険労務士があなたのお悩みにお答えします。

※このフォーラムの模様は後日、コミュニティFM三角山放送局にて放送されます。

■主催:北海道、ピンクリボンin SAPPORO
■後援:一般社団法人北海道中小企業家同友会札幌支部、厚生労働省北海道労働局(ハローワーク)、公益財団法人北海道対がん協会
■協力:あべ社会保険労務士事務所、えるむ社会保険労務士法人、五十嵐労務管理事務所、間山社会保険労務士事務所
■特別協賛:京王プラザホテル札幌
■協賛:アフラック札幌総合支社、JR生鮮市場竃k海道ジェイ・アール・フレッシュネス・リテール、潟Aミノアップ化学、エーザイ梶A社会医療法人孝仁会北海道大野記念病院、竃k海道アルバイト情報社ジョブキタ、北海道キリンビバレッジ梶A北海道銀行

ピンクリボン in SAPPORO 2017 ピンクリボンロード ご報告


ピンクリボンロード 7月30日(日)歩行者天国にて恒例の啓発イベント「ピンクリボン in SAPPORO2017ピンクリボンロード」を開催しました。 今年も札幌PARCOと札幌三越のある南1西3丁目の歩行者天国からピンクリボンを発信。天気にも恵まれ、たくさんの親子連れにご参加いただきました。




ステージでは道内で活躍するサンバチーム「ウルソ・ダ・フロレスタ」によるステージや、ピンクリボンinSAPPOROの応援団、札幌西ロータリークラブによる合唱を行いました。また全日本玉入れ協会協力による玉入れ大会も大いに盛り上がりました。 会場では、メディカルチェックコーナーをはじめ、毎年好評のボディジュエリー、そして今年初となるHokkaido木村秋則自然栽培農学校と上川郡和寒町による季節の野菜&特産品販売もありました。

ライトアップされたテレビ塔夜はさっぽろテレビ塔がライトアップ。今年も市民にピンクを発信し、乳がん検診の大切さを考える一日となりました。





タッピ― エンディング



サンバチーム「ウルソ・ダ・フロレスタ」 札幌西ロータリークラブ合唱団
ステージでは、北海道で活動するサンバチーム「ウルソ・ダ・フロレスタ」が登場。ラテンのリズムで南国気分をお楽しみいただきました。  また、ピンクリボンinSAPPOROを応援いただいている札幌西ロータリークラブの合唱団は札幌西ロータリーの元会長、河邨文一郎氏が作詞した「虹と雪のバラード」を会場の皆さんと一緒に歌いました。



玉入れ大会の様子全日本玉入れ協会協力により玉入れ大会は、ピンクとブルーの2チームに分かれて、どちらが早く100個の玉を入れられるかを競いました。トマトジュースや玉入れ協会グッズ等の豪華景品もあり、老若男女問わずたくさんの方が玉入れで盛り上がり楽しんでいました。




メディカルチェックの様子 ボディジュエリー
会場内のブースでは、札幌禎心会病院と勤医協中央病院ご協力のもとメディカチェックコーナーを開催。乳がん模型体験やエコー検査体験、医療相談などが行われました。またアーティストHARUKOさんが素肌にキラキラ輝くピンクリボンをアートするボディジュエリーのコーナーも昨年に引き続き大好評でした。ブース来場者プレゼントとしてキリンビバレッジの生茶が配布されました。



和寒町ブース 木村秋則自然栽培農学校
Hokkaido木村秋則自然栽培農学校と上川郡和寒町が季節の野菜&特産品を販売。 自然栽培(無農薬、無肥料)で作られたネギ、ナス、いんげんや、上川郡和寒町のメロン、とうもろこし、ぺポナッツが並び、売上の一部はピンクリボンinSAPPOROにご寄付をいただきました。



ピンクリボンinSAPPOROバッジ販売中!


ピンクリボンバッジ 三角山放送局が運営するネットショップ「三角山市場ドットコム」で ピンクリボンin SAPPOROのバッジが販売中!
http://sankakuyama-shop.com/906001.html
キラキラ輝くピンクリボンバッジを身につけて、 あなたもピンクリボン運動に参加しませんか? 自分自身のために、 そして、 大切な家族のためにも検診を!
※売上はピンクリボンin SAPPOROの活動に役立てられます。

FACE BOOK 最新情報


ピンクリボン in SAPPORO

「ピンクリボンinSAPPORO」事務局
〒063-0841 札幌市西区八軒1条西1丁目1-26-402
電話:011-676-3955  FAX:011-621-9458
URL:http://pinkribbonsapporo.web.fc2.com/

ピンクリボン in SAPPORO

ピンクリボン札幌のシンボルマーク


ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2018
お申込はこちらから





三角山放送局
三角山放送局


5リボンズ札幌のマーク
サッポロ5リボンズ


ピンクリボン in SAPPORO
事務局

札幌市西区八軒
1条西1丁目1-26
アルファ琴似駅前ビル402

Tel.011-676-3955

mailアドレス:
pinkribbon-sapporo@live.jp

お問い合わせはこちらから

inserted by FC2 system