ピンクリボン in SAPPORO ホームページ

ピンクリボン in SAPPORO


ピンクリボン in SAPPORO 最新情報はフェイスブックへ!

facebook banner

【更新情報】

・田中賢介選手 ピンクリボンプロジェクト2017
・ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2017 ご報告
・ピンクリボン in SAPPORO 2016 ピンクリボンロード ご報告
クリックで移動します。

田中賢介選手 ピンクリボンプロジェクト2017


田中賢介選手 北海道日本ハムファイターズ田中賢介選手はピンクカラーの野球装具を身につけていたことから選手本人のイメージカラーとして定着したことをきっかけに2008年よりピンクリボン活動を行ってきました。昨シーズンまでに合計2,678名の方にマンモグラフィ検診をプレゼントしました。 

そして2017年も賢介選手のピンクリボンプロジェクトがスタートします。賢介選手の「バッティングでチームの勝利に貢献する」という強い決意の下、今シーズンは安打数×1名の方に乳がん検診をプレゼントします。今シーズンも華麗な守備とともに、田中賢介選手の芸術的で勝負強いバッティングから目がはなせません。是非、田中賢介選手を応援してキャンペーンにご応募下さい。

田中賢介選手表彰

【期間】 2017年 シーズン
【内容】 ヒット1本につきマンモグラフィ検診を1名様にプレゼント
【抽選】 2ヶ月毎に実施
※抽選は4月末、6月末、8月末、シーズン終了後の計4回
※乳がん検診無料受診券の発送をもって当選通知と代えさせていただきます。
【応募方法】
右側の応募フォームよりお申し込みください。
またはFAX、ハガキにて
【必要事項】
住所、氏名、年齢、電話番号、FAX、メールアドレス、
希望検診場所【・札幌 ・釧路 ・旭川】
【宛先・問合せ先】
ピンクリボンinSAPPORO事務局
〒063-0841 札幌市西区八軒1条西1丁目 1-26-402
TEL011-676-3955 FAX011-621-9458
【検診場所】
札幌がん検診センター(札幌市東区北26条東14丁目1-15)
旭川がん検診センター(旭川市末広東2条6丁目6-10)
釧路がん検診センター(釧路市愛国東2丁目3-1)

田中賢介選手コメント

田中賢介選手 今シーズンも「ピンクリボンプロジェクト」に取り組み、微力ではありますが貢献させていただけることにプロ野球選手として喜びと誇りを感じます。昨シーズンは、日本一に輝くことができ、チームの勝利に貢献する一本一本のヒットが、この企画にもつながり、多くの貢献ができることを改めて実感しました。ファンの皆様がいつまでも健康でファイターズの応援を続けられることを願うとともに、全力でプレーすることをお約束します。

ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2017 開催


ピーコさんの写真 平成29年2月12日(日) 京王プラザホテル札幌にて「ワーキング・サバイバーズ・フォーラム2017」が開催されました。二人にひとりが がんにかかる時代。そのうち4人に1人は65歳未満の働き盛りの方が罹ると言われ、がん経験者の就労や雇用問題は注目を集めています。

6回目となる今回はファッション評論家・シャンソン歌手のピーコさんに「片目を失ってみえてきたもの」と題してご講演いただきました。ピーコさんは1989年44歳の時に左目に「マリグナント・メラノーマ」というがんを罹患。30万人にひとりがかかるという難病を乗り越え、現在も活躍中です。今回は病気がわかった時、左目を摘出した時、そしてその後の治療などを通して経験したご自身の心の変化についてお話いただきました。がんと仕事については、テレビに義眼で出演しようとした際に、「サングラスをしてほしい」と言われたエピソードやご兄弟であるおすぎさんとのエピソードなどをお話いただきました。

フォーラムの様子 パネルディスカッションでは、北海道でがんと仕事の問題に携わるメンバーとして、大村東生先生(東札幌病院副院長・ブレストケアセンター長/ピンクリボン in SAPPORO代表)、寺澤孝男さん(有限会社ティーイーサポート代表取締役)、松浦紀之さん(有限会社松浦保険事務所取締役)、新豊廣さん(北海道労働局職業安定部職業安定課課長補佐)が登壇し、それぞれの取り組みや抱えている問題を交え「がんになっても働き続けるために必要なこと」について議論を行いました。

大村先生からは「職場の意識を改善するために、がんなど病気についての教育を社員教育の一環として考えていく必要がある」、寺澤さんからは「人数の少ない会社だと代わりをしてくれる人がいないので、補助金のような法的に裏付けられたバックアップがあるとありがたい」、松浦さんからは「がんになってから考えるというよりは、まずならない選択肢がある。まずは検診を受けることがスタート。検診を受けることが早期発見早期治療に繋がる」と、それぞれの立場から意見をお話いただきました。新さんからは、「平成27年の4月から、長期に渡る治療を受けながら就職を希望している方への支援を行っています。中でもハローワーク札幌東と北海道がんセンターでは、連携して病院内で就労相談を行っています」とハローワークの取り組みについてご紹介いただきました。

今回も会場別室では社会保険労務士とハローワークの協力により「がんと仕事の相談」を開催。医療従事者・患者・企業・行政等、それぞれの立場から「がんになっても働き続けるための環境づくり」を考える一日となりました。

社労士相談会の様子 ハローワーク相談会 フォーラム終了の様子

今回のフォーラムの模様は2月25日(土)12:00から三角山放送局(FM76.2MHz)で放送されます。インターネット放送でも聴くことが出来ます(再放送は夜9時)。
http://www.sankakuyama.co.jp/

◇主催:北海道、ピンクリボンin SAPPORO

◇共催:あけぼの北海道、アスパラの会、NPO法人キャンサーサポート北海道、一般社団法人グループネクサスジャパン北海道支部、NPO法人市民と共に創るホスピスケアの会、市民のためのがん治療の会北海道支部、白鳥の会、NPO法人パンキャンジャパン北海道支部、BEC北海道、北海道肺がん患者と家族の会

◇協賛:アフラック札幌総合支社、竃k海道ジェイ・アール・フレッシュネス・リテール JR生鮮市場、潟Aミノアップ化学、エーザイ梶AMSD梶A日本イーライリリー梶A竃k海道アルバイト情報社ジョブキタ、北海道キリンビバレッジ梶A北海道銀行 ◇後援:一般社団法人北海道中小企業家同友会札幌支部、厚生労働省北海道労働局(ハローワーク)、公益財団法人北海道対がん協会、独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター ◇協力:あべ社会保険労務士事務所、五十嵐労務管理事務所、えるむ社会保険労務士法人、間山社会保険労務士事務所

◇特別協賛:京王プラザホテル札幌

◇参加団体
アフラック札幌総合支社、一般財団法人札幌信用金庫社会福祉基金、医療法人東札幌病院、渇ェ本カンパニー、片山あゆ美社会保険労務士事務所、がん・メンタルヘルスリワークセンター Live-Laugh、勤医協札幌病院、勤医協中央病院、去D幌すこやか介護サービス、札幌西ロータリークラブ、佐藤水産梶A社会保険労務士事務所テラス、叶寥エ組、鈴木社会保険労務士事務所、潟Xヴェンソン、高橋興業梶A潟eックサプライ、道南勤医協函館稜北病院、北海道コカ・コーラボトリング梶A北海道中央労災病院、北海道文教大学、潟c鴻I、褐求A来夢ライン訪問看護、潟純Rール、321FP事務所、がん患者会活動サロンひだまり、乳房再建体験者によるピアサポート倶楽部 「re-breast」、ピンクリボンの会きたもと、北海道1、2の3で温泉に入る会、Luxia ラクシア

ピンクリボン in SAPPORO 2016 ピンクリボンロード ご報告


おかげさまで10周年を迎えたピンクリボン in SAPPOROが今年も7月31日(日)に歩行者天国にて啓発イベント「ピンクリボンロード」を開催しました。 会場は札幌PARCOと札幌三越の間、南1西3丁目歩行者天国。 時折、雨もぱらつきましたが、参加者が思い思いに即興演奏を行う「輪になってドラムサークル」を皮切りに、札幌のフラグループ「プメハナ・カ・ハレ・フラ・オ・マーヘラ二」によるフラステージや今年初登場の全日本玉入れ協会による玉入れ大会、札幌西ロータリークラブの合唱ステージを行い、多くの親子連れにご参加いただき、大いに盛り上がりました。

ドラムサークル フラダンス
玉入れ 合唱団

会場では勤医協中央病院と札幌禎心会病院の協力によるメディカルチェックコーナーや毎年好評のボディジュエリーも開催。啓発リーフレットも多くの市民に配布し今年も1日を通して、乳がん検診の大切さを発信しました。 夜は恒例の札幌テレビ塔ライトアップも行いました。 参加してくださった皆さんありがとうございました。

勤医協 ダーツ玉入れ
禎心会 ボディジュエリー テレビ塔 タッピー

FACE BOOK 最新情報


ピンクリボン in SAPPORO

「ピンクリボンinSAPPORO」事務局
〒063-0841 札幌市西区八軒1条西1丁目1-26-402
電話:011-676-3955  FAX:011-621-9458
URL:http://pinkribbonsapporo.web.fc2.com/

ピンクリボン in SAPPORO

ピンクリボン札幌のシンボルマーク


田中賢介選手
ピンクリボンプロジェクト
2017
お申込はこちらから




三角山放送局
三角山放送局


5リボンズ札幌のマーク
サッポロ5リボンズ


ピンクリボン in SAPPORO
事務局

札幌市西区八軒
1条西1丁目1-26
アルファ琴似駅前ビル402

Tel.011-676-3955

mailアドレス:
pinkribbon-sapporo@live.jp

お問い合わせはこちらから

inserted by FC2 system